読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

娘のバスケに付いていったら。

祝日だけど、現場に顔をだして

 

10:00頃に、上山へ。

 

娘のバスケ。

 

f:id:kubononta:20161103185624j:plain

 

エンデバーとか言う

 

地区代表に選ばれることは

 

ないようなので、

 

昼にソバを食いに有名ソバ屋へ。

 

なんかそんなんでもなかった。

 

体育館に戻る途中に、

 

なにやら立派な旧家が。

 

f:id:kubononta:20161103185743j:plain

 

旧尾形家。だって。

 

17世紀の建物で…。

 

暇だし見てこっかと。

 

立派な門扉の脇に手書きで

 

ブザーを押して下さいと書いてある。

 

押してしばらく、無反応。

 

あて10秒して来なかったら帰ろう。

 

残り5秒でじいさん登場。

 

「こんにちは。2人で420円です。

 

時間はありますか?

 

時間はどれくらいで見ますか?」

 

3分あれば充分です。とは言えずに、

 

「15分で。」

 

じいさんは、背中にスイッチがあり

 

そのスイッチを自分でONに入れた。

 

「今日は、皆様こちらの旧尾形家に

 

おいでいただきありがとうございます!

 

この旧家は……」

 

おそらく、いままで何百回、

 

いや何千回と繰り返し

 

説明してきたであろう

 

旧家の概要説明スタート。

 

鉄板のギャグ達を織り交ぜつつ、

 

時折時計を気にしながら、

 

ポケットに手を突っ込み、

 

1週間は風呂に入ってませんよと

 

言わんばかりの異臭と

 

微笑みを振りまき、

 

15分経過。

 

f:id:kubononta:20161103184224j:plain

 

「…それでは、今日はどうもありがとう

 

ございます!」

 

拍手。

 

なぜ拍手したのか。

 

15分ぴったりだったから。

 

じいさんは、

 

背中のスイッチをOFFにした。

 

さっきまであんなに

 

おしゃべりだったのに、

 

じいさんはさっさと

 

出口に去って行った。

 

f:id:kubononta:20161103184844j:plain

 

立派。

 

 

f:id:kubononta:20161103185007j:plain

 

素晴らしい。

 

 

f:id:kubononta:20161103185525j:plain

 

断熱性もないし、電気もないし、

 

当時は、いくら立派な建物でも

 

大変だったろなと思う。

 

現代に生まれてよかった。

 

100年後は、もっと便利な

 

世の中になってるんだろな。

 

 

f:id:kubononta:20161103185443j:plain

 

じいさんありがとう。

 

楽しい1日になりました。